2021年12月の星空

12月に入り、2021年も残すところあとひと月となりました。

明るい星が多い冬の星座が東の空に見えるようになり、空がにぎやかになり始める季節です。

冬の星座のトップバッター!

冬の星座でいち早くのぼってくるのは、星占いにも登場する「おうし座」です。

おうし座の目印は、オレンジ色に輝く一等星「アルデバラン」です。

アルデバランはおうしの右目のところで輝いています。

空が暗い場所では、おうしの顔のところにあるアルファベットの「V」のような形の星の並びも見ることができます。

また、おうしの肩(かた)のあたりには、星がたくさん集まっているところがあります。

これは「プレアデス星団」という星の集まりで、日本では「すばる」とも呼ばれます。

肉眼でも見ることができるので、都会では星がいくつ見えるか、数えてみてはいかがでしょう?

担当:天文班

カテゴリー一覧

新着記事

人気ランキング