2021年9月の星空

少しずつ真夏の暑さがおさまり始め、夜もいくらか過ごしやすくなりましたね。

9月23日(木・祝)は「秋分(しゅうぶん)」。

昼と夜の長さがほぼ等しくなる日です。この後は、12月の「冬至(とうじ)」に近づくにつれて、だんだん夜の方が長くなっていきます。

秋の夜長、晴れた夜は星を眺めてみてはいかがでしょう?

木星と土星

望遠鏡を使えば、木星のしま模様や、土星のわっかを見ることができます。

肉眼ではさすがに模様などは見えませんが、明るくかがやく姿を気軽に楽しめますよ!

どちらも1等星より明るく、さらに土星より木星のほうが明るく見えます。ちがいにも注目してみてください。

※9月は木星が約-2.8等級、土星が約0.5等級です。

担当:天文班


木星と土星についてくわしく知りたい方は、「木星と土星ってどんな惑星?」の記事をご覧ください。

カテゴリー一覧

新着記事

人気ランキング