みなさんは、自分の住んでいる地域にどれくらいの野鳥がいるか知っていますか?
だれでも知っているのはカラス・ハト・すずめ…などでしょうか?

実際には、もっとたくさんの野鳥がいるのです!

あなたの身の回りにはどんな鳥がくらしているでしょうか?
自由研究として、野鳥の生息調査をしてみてください!

今回は、その調査方法をお伝えしたいと思います。

準備しよう

野鳥の生息調査では「どこに・どんな野鳥が・どれほどの数いるか」を調べます。

この道具がかならず必要!というわけではありませんが、野鳥を見つけて記録するための準備をしましょう。

下見をしておこう

①調査地の候補を決めよう!

調査地は、家の庭・公園A・公園B…など、身近な場所を候補にしましょう。

1か所でもいいですが、何か所かを調査すると見られる野鳥の種類のちがいをくらべることができます。

②実際に下見に行こう!

地形や生えている植物など、調査地の環境を調べてから調査をおこないます。

環境を知っておくと、その野鳥が何のためにその場所にいるのか考察する時に役立ちます。

次のページではいよいよ調査開始です!↓

カテゴリー一覧

新着記事

人気ランキング