今月6月はジューンブライドといって結婚式のシーズンとして有名です。今回はそんな結婚にまつわる生き物を紹介します。

これがその生き物!

こちらは海綿(かいめん)動物の仲間です。海綿動物とは、スポンジ状のやわらかい生物で、岩や海底にくっついて生活しています。

海綿

中にはかたい種類の海綿もいて、カイロウドウケツと呼ばれる種類は骨のようなかたい骨格を持ち、中は空洞(くうどう)でカゴのような形をしています。

カイロウドウケツ

このカイロウドウケツという一風変わった名前は「偕老同穴(かいろうどうけつ)」という四字熟語からきていて、夫婦の仲が良く、一生を一緒に過ごすことを意味します。

なぜこのような名前が付いたのでしょうか?

夫婦でくらす?ドウケツエビ

ドウケツエビ

実は、カイロウドウケツのカゴの中には、ドウケツエビというエビの仲間がペアで住んでいます。

生態イメージ図

このエビは体が小さいときに、カイロウドウケツの中に入り込みます。やがて成長して体が大きくなるとカイロウドウケツから出られなくなり、この中でドウケツエビのペアが一生くらすことになります。

ちなみにこどもの時はまだ性別が決まっておらず、大人になると性別がオスとメスに分かれます。

外に出られないと大変なのでは?と思いがちですが、実はドウケツエビにとってはこの方が都合がいいのです。

ドウケツエビは、カイロウドウケツの網目(あみめ)にからみ付いた小さな有機物をエサにしているので、かたいカイロウドウケツの中にいれば、安全な場所で敵におそわれることなく、いつでもおいしいエサが食べられる、というわけなのです!


このように、中でエビがペアで住みつくことから、カイロウドウケツという名前になりました。

プレゼント

また、昔はその名前から結婚式のお祝いとしてプレゼントされることもあったようです。

現在は標本として売られていることもあるので、大切な人へちょっと変わったおくりものをしてみるのはいかがですか?

担当:科学班

カテゴリー一覧

新着記事

人気ランキング