うがい薬はうがいだけではなく、いろいろな実験ができることを知っていますか?

実験イラスト

以前の記事ではうがい薬を使ったビタミンCを調べる実験と、マジックを紹介しました。

おうちにあるもので実験できるので、おうちの人と一緒にやってみましょう!

デンプンってなんだろう?

デンプンはわたしたちが生きるために必要なエネルギーとなる栄養素のひとつです。どんな食べ物に含まれているでしょうか?

野菜イラスト

デンプンが含まれているものにうがい薬をかけると化学反応が起き、食品が青紫色に変わります。この反応を利用すると、色が変わることによって食品にデンプンが含まれているか調べることができます。

実験してみよう!

おうちにある道具を使って、うがい薬でデンプンを調べてみよう!

結果

実際の写真はこちら

実験の様子(うがい薬でデンプンを調べよう)

結果をまとめた表はこちら

実験の結果(うがい薬でデンプンを調べよう)

※実験で使った食べ物は食べられません。
 実験後はおうちの人が間違えて食べないよう、すぐ片付けましょう!

どうしてこうなるの?

なぜ、デンプンが含まれているものにうがい薬をかけると、青紫色に変わってしまうのでしょうか?

ヨウ素デンプン反応の原理

うがい薬に含まれるヨウ素は2つくっついていて、水の中にあるときは茶色です。

デンプンは、糖の仲間の「ブドウ糖」がたくさんつながってできています。その中にはブドウ糖が「らせん構造」のようにつながっている部分があります。このらせん構造の中にヨウ素が入り込むと、青紫色に見えるのです。

この反応を「ヨウ素デンプン反応」といい、この反応を利用すると、デンプンが含まれているか調べることができます。


デンプンはごはん(米)やパン(小麦)、イモなど植物性のものに含まれています。
小麦は小麦粉としていろいろな食品に使われています。

肉や魚にはデンプンは含まれていませんでしたが、魚を使って作るかまぼこや、ウインナーはどうでしょう?

食べ物のラベルを調べると、ヒントが隠れているかもしれません。ぜひチャレンジしてみてください!

担当:科学班

カテゴリー一覧

新着記事

人気ランキング