気温が低くなり、寒い日が多くなってきました。

おうちに帰ったら「手洗い うがい」していますか?

うがいをする時、「うがい薬」を使う人もいると思います。

うがい薬を使ってうがいをすると、のどの殺菌(さっきん)・消毒(しょうどく)の効果があります。

手洗いうがい

うがい薬はうがいだけでなく、いろいろな実験ができます。

今回はビタミンCを調べる実験を紹介します。

おうちにあるもので実験できるので、おうちの人とやってみましょう!

ビタミンCで色が変わる!?

うがいをする時、水の入ったコップに2~3てきうがい薬を入れると茶色い液体になりますね。

ここにビタミンCのサプリメントを入れると…

色が変わる実験

色が消えました!

うがい薬にビタミンCを入れると化学反応が起き、茶色だった液体が無色に変化します。

この反応を利用すると、食品にふくまれるビタミンCを調べることができます。

実験してみよう!

おうちにある道具を使って、うがい薬でビタミンCを調べてみよう!

実験結果
注意事項

今回の結果では、グレープフルーツは53てき、オレンジジュースは32てき使うと、うがい薬の色が消えました。

今回の実験で、ビタミンCが多く入っていたのはどちらでしょうか?

ビタミンCが多いのは?

正解はこちら

どうしてこうなるの?

なぜ、ビタミンCを入れるとうがい薬の色は消えてしまうのでしょうか?

色が変わるわけ

うがい薬にふくまれるヨウ素は2つくっついていて、水の中にあるときは茶色です。

ビタミンC(アスコルビン酸)を入れると、ヨウ素はバラバラになってヨウ化物イオンに変わり、色が消えました。

※一部のビタミンCは、この方法で調べることができないものもあります。

 

ビタミンCには食べ物を長持ちさせるはたらきがあり、食品添加物としていろいろな食品に入っています。

おうちにある食べ物のラベルを調べて、ビタミンCが入っているか探ってみましょう!

 


次回は、この反応を利用したマジックを紹介します!

お楽しみに☆

担当:科学班

カテゴリー一覧

新着記事

人気ランキング