みなさん、「クワコ」という昆虫を知っていますか?

糸を取るために品種改良をされてきた、カイコ(カイコガ)の先祖だと言われています。

私たちの身近にもよく生息しており、桑の木の周辺にいることが多いです。

そんなクワコを、生き物が大好きな指導員が見つけてきてくれました。

飼育中の話を交えながら、クワコの生態を紹介したいと思います!

クワコさんはモノマネが得意!

こちらの写真は、クワコが科学館に来た時の最初の写真です。

小さいうちは、からだの色がまだらで“鳥のフン”に似ています。

少し大きくなると、からだの色は“木の枝”に似ます。

クワコの幼虫は、天敵に見つからないように「擬態(ぎたい)」するのが得意です。

擬態するとこ~んな感じに木の枝のモノマネをします。(写真提供:里山のクラフト便り様)

©里山のクラフト便り

すごい!似てる!遠くから見たら枝の一部と錯覚してしまいそうですね。

ちなみに、天敵に見つかった場合は、眼のように見える「眼状紋(がんじょうもん)」という模様をアピールします。

もしクワコを見つけたら、頭をちょっとつついてみると面白いかもしれません。頭を下げて威嚇(いかく)するように眼状紋を見せてくるはずです。

引きこもったクワコさん

幼虫が大きくなると、成虫になるために「まゆ」を作り、さなぎになります。

野生のクワコは、桑の葉を巻いてその中にまゆを作ったり、葉の下に作るなどします。

成虫になるまで約1ヶ月間、まゆの中から出てきません。

科学館のクワコも桑の葉にまゆを作るかと期待していましたが…

クワコは飼育ケースにしていたビンを登って、ふたの方に糸を吐き始めました。

桑の葉はお気に召さなかったようです。

そして、できたまゆは小さくて薄く、ちょっと”いびつ”な形でした。

まゆになると、中の様子は外からは見えません。

約1ヶ月とはいえあまりに長い時間出てこなかったので、死んでしまったのでは…?と毎日心配していました。

やっと出てきたクワコさん

約1ヶ月が経ち、ようやくクワコが出てきました。(ホッとひと安心…)

まゆの中に引きこもっていたクワコは、羽のある成虫の姿になっていました!

クワコは、羽が退化してしまったカイコとは違い、自由に飛ぶことができます。

そうして相手を求めて飛び立っていくのです。

ちなみに羽音はけっこううるさく、部屋にハエがいると勘違いしたスタッフもいました。


カイコは見たことがある人も、その祖先であるクワコはなかなか見る機会がないのではないでしょうか。

近くに桑の木がある人は、葉や枝をよ~く見てみてください。

意外と身近にクワコは見つかるかもしれませんよ!

担当:科学班

カテゴリー一覧

新着記事

人気ランキング